民主党内でTPP反対運動が・・・。どうなってんの菅内閣?

| コメント(0) | トラックバック(0)
菅総理が今年の6月には、結論をだすといってたTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)の
件ですが。これって、平たくいえば関税を撤廃して、安く輸入品を国内にいれる、みたいな
感じの内容でしょ?
あら、ちょっとアバウトすぎるかな?でも、関税を引き下げて、特する業界と損する業界が
でてくるみたいですね。
となると、政治家にも影響があるみたい?

同じ民主党なのに、菅総理がすすめているTPPについて反対する議員さんもいるみたい
ですよ・・・。これって、菅総理落とすための活動?なんていわれてますけど。
菅内閣もなかなか一枚岩ではいかないですね。
さて、このTPP問題ですが、民間人や国会議員などが参加した「TPP を考える国民会議」
を設立したとのことです。代表世話人には、宇沢弘文東大名誉教授が、ほかの世話人に
は、民主党の山田正彦前農水相らがいるそうです。

この国民会議には、民主党や国民新党の議員による「TPPを慎重に考える会」(会長は
山田氏)も参加するそうです。
完璧、菅総理と反対になるわけですね・・・。さて、TPPについては、主に農業関係には
大きなダメージがあるということで、JA関係は反対運動をしているみたいです。
自動車関係などは、関税が安くなればその分、安く車が売れるので販売に有効、
といったメリットもあるわけですね。

安い農産物が入れば消費者にとっては嬉しいことですが、日本の農産物は、価格的には
負けてしまうことになりますね・・・。あっちをたてればこちらが立たず・・・。難しい問題だと
思うので早急な結論ではなく、もっと慎重になって欲しいなと思います。
やはり、自給率をあげてから、と思うのは素人考えなのかなぁ・・・。
勉強不足かな?これから、どんどん情報集めていきたいです^^



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.juanescu.com/mt/mt-tb.cgi/4

コメントする

このブログ記事について

このページは、amicomが2011年2月24日 23:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「還暦のお祝いの記念品を注文します!」です。

次のブログ記事は「つい迷ってしまうのが結婚式の二次会の服装ですよね^^」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261